【転職は慎重に】3回転職し、全て失敗した私の経験談をお伝えしてまいります

お世話様です、ラルフ君です。

※まず最初に

この春より新社会人として始まりを迎えた方々に、『おめでとうございます!』と伝えたいです。

最初の1ヶ月は、特に「不安」「緊張」で心身共に疲れ果ててしまうと思いますが、あわてることはありません!

目の前の階段を1段ずつ登っていきましょう!2段飛びは必要ありません!頑張ってください!!

いきなりすみません(汗)

一応、人生の先輩として伝えたかったので・・・

では本題に入りたいと思います。

私はこれまでに、3回ほど転職をしております。(アルバイト経験はぬかして)

『今までよりは良くなるだろう』

そう思って転職したのですが、全て想像と違ってしまいました。

そんなあまり良くない経験ですが、これから転職を考えている方へ何かの参考にでもなればと思い、お伝えさせていただくことにしました。

1回目の就職と転職

  • 1回目の就職は19歳、転職したのは23歳

初めての就職は19歳でした。

現場の作業員として配属されたのですが、もともと体育会系だった私は「体を動かして働くことが性に合っている」と思っていたので、とくに深く考えることもなく不満もありませんでした。

しかし、23歳のとき「現場仕事」から「営業」へ移動させられたのです。

作業着を着て現場でバリバリ働いていた私には、「スーツを着ての営業」という仕事にどうしても馴染めず、3ヶ月ほどでリタイアしてしました。

部署の移動願いは出したのですが「やはり今後のためにも経験が必要だ」ということで、却下されてしまいました。

しかし、どうしてもその環境に耐えられず、次の仕事のことなどは何も考えずに退職してしまいました。

2回目の就職と転職

  • 2回目の就職は23歳、転職したのは27歳

23歳で仕事を辞め、すぐに就職をしました。

事務職や営業職にあまり興味がなかった私は、『とりあえず体が動かせる仕事なら何でもいいや!』というような安易な考えで決めてしまったのです。

就職した会社は物流関係の仕事で「フォークリフトを使ったり、トラックにも乗ったり、事務作業もあったり」と色々な業務があり、仕事の内容的には満足していました。

ですが、拘束時間があまりにも長かったのです・・・

1日、最低「18時間」は仕事をしているような状況でした!

そんな中、過労やストレスのせいもあってか、『薄毛(若ハゲ)』の症状が出始めてきたのです・・・。

そんな長い拘束時間に加え、薄毛による「いじめ」的なこともかさなり、心も体も限界を感じていた私は退職する決断をしたのです。

このときも、次の仕事のことなどは何も考えていませんでした・・・

3回目の就職と転職

  • 3回目の就職は27歳、転職したのは32歳

3回目の就職は、知り合いからの紹介でした。

最初は「契約社員」からだけど、その後「正社員登用もするから」という話だったので、次の仕事も決まっていなかった私はすぐにお願いをしました。

このときも、会社の経営のことや給料面などは詳しく聞かずに、ただお願いをしてしまったのです。

紹介してもらった会社は「金属」や「電子部品」などを扱う工場だったのですが、紹介で入った会社でしたので、とにかく失礼がないよう、一生懸命働いていました。

しかし、あろうことか、俗に言う『リーマン・ショック』の時期とかさなってしまったのです!

この影響もあり、働いていた会社は親会社と「合併」となり、今後は「契約社員は、次年度は契約更新しない」という親会社の指示により、またもや転職せざるを得なくなってしまったのです!

これが32歳のときでした・・・。

4回目の就職から現在

  • 4回目の就職は32歳

年齢も30歳を過ぎ、親しい友人たちは結婚をして家庭を持ち、立派な社会人として働いていました。

そんな姿を間近で見ていた私は、自分の不甲斐なさと共に、今後の人生に焦りを感じていました。

『早く就職先を見つけないとヤバイな・・・』と思い、求人サイトなどで探しまくりました。

しかし、正社員の募集は「30歳〜35歳まで」という年齢制限が多く、さらに焦りが増すばかりでした・・・。

そしてあるとき、こんな募集を目にしたのです。

・入社3ヶ月から6ヶ月後に正社員登用
・年齢不問
・免許保持者、経験者優遇(フォークリフトなど)

物流倉庫内での仕事だったのですが、経験もあるし、必要な免許も持っていたので、多少でも有利になるかと思い、すぐさま応募しました。

結果、採用されて現在の仕事なのですが、当時は「採用されたい」という一心で、面接時に細かい就労面での話しはしませんでした。

そして、正社員にはなったものの、

・給料は上がらない
・残業、休日出勤代はつかない
・ボーナスもない

など、非常に条件の悪い会社で社員になってしまったのです・・・。

まとめ

これが、現在までの私の転職経験です。

この3回の転職を通じて言えることは『仕事を辞めてすぐに何の下調べもしないまま、今すぐできそうな仕事だけを選んでしまった』ということにつきると思います!

そこで、これまでの私の経験をもとに、転職の際に気をつけてほしいポイントをまとめてみました!

  • 働きながら転職を考える(できれば)
  • やりたい仕事の明確化
  • やりたい仕事の業界(会社)を細かく調査
  • 給料面や正社員の募集などだけで選ばない
  • 就労、労働条件などの確認(面接時などで)
  • あわてないで、じっくり考える

最後に

残念ながら「ブラック企業」は現在でも存在します!!

『転職すれば今より良くなるでしょ!』

というような安易な転職は、ブラック企業などに転職してしまい『負の連鎖』が続いてしまうかもしれません!気をつけましょう!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

ラルフ君

40代へ突入するにあたり、日々マンネリ化した状況に危機感を覚える。
『今からでも遅くはない!何かを学び、何かを始めよう!』と考えた末、ブログの開設にいたったおっさん。
いつか「ふくろう」を飼ってみたい。