コンプレックスは隠さず、さらけ出す!隠し続けるストレスをなくそう!

お世話様です、ラルフ君です。

私は今年で40歳になったのですが、20代の頃より薄毛(若ハゲ)がコンプレックスでした。

いろいろなことを試したのですが、これといった効果は出ず、死にたいほど悩んでおりました。そんな中、覚悟を決めて「スキンヘッド」にしてみたのです。

スキンヘッドにして、薄毛のコンプレックスを隠さずに、さらけ出してみることにしました。すると、今まで感じていた隠し続けていくことへの、疲れやストレスが一気になくなったのです!

コンプレックスは隠さずに、さらけ出したほうが、隠し続けていくストレスからも解放されて自由になれる!』そう確信したのです。

このことについて、私の経験を元にお伝えしていこうと思います。

コンプレックスを隠し続けていくストレス

人によってコンプレックスを感じている場所や内容は違うと思いますが、そのコンプレックスによって悩み、隠し続けている方は、大勢いらっしゃると思います。

おそらく、そのほとんどの方が、隠し続けていることにストレスを感じているはずです。

隠し続けていくほど、ストレスが増える

私の場合は、薄毛(若ハゲ)のコンプレックスですが、隠し続けていくことに半端ないストレスを感じていました。

ですが、隠していない場合は、こんな感じでした。

  • 人の視線が気になってしまう
  • 人に見られて笑われたくない
  • 隠していないと怖くて人に会えない
  • 隠していないと不安で外に出れない

もはや、隠していないと生活ができないレベルにまでなっていました。

しかし、この時の私には、他の解決方法が見いだせず、頭を隠し続けることしかできませんでした。

そして、隠し続けていけばいくほどストレスもたまり続けていったのです。

覚悟を決めて、スキンヘッドに挑戦

頭を隠していないと外にすら出られなくなっていた私は、どんどん引きこもり状態になってしまい、ストレスもピークに達していました。

まだ正常な判断ができていたので『さすがにこのままではヤバイ!違う病気になってしまう!』と感じた私は、ある覚悟を決めました!

そう「スキンヘッド」です!!

当然、スキンヘッドにする恐怖心はあったのですが、とにかく『このストレスから解放されたい』という一心で覚悟を決め、実行したのです。

そして、実際にスキンヘッドにしてみたら不思議なことに、私の心に重くのしかかっていた「不安」や「恐怖」が消えていったのです!

コンプレックスを隠さずに、さらけ出してみた

スキンヘッドにしたことをきっかけに、今までコンプレックスだった頭を隠さずに、さらけ出して生活をしてみました。

すると、今まで悩み、隠し続けていた人生が一変しました!

隠し続けていくストレスから解放された

まず、引きこもりがちになり、精神的にも追い込まれていた状態から復活しました!

そして、頭を隠し続けていた日々と、それによって発生していたストレスから解放されたのです!

その中でも、何よりストレスから解放されたことによって、気持ちに余裕が持てるようになったのが大きかったです。

この気持ちの余裕が、生きていく意味と生きていく楽しさを、再びもたらしてくれたのだと感じております!

コンプレックスを、さらけ出す勇気を持とう

自分のコンプレックスを世間にさらけ出すことは、とても勇気がいると思います。

ですが、その不安は最初だけです!1度思いきってさらけ出してしまえば、その不安は吹き飛んでしまうはずです!

これは実際に私も感じたのですが、自分が悩んでいるコンプレックスに対して、周りの人は『自分が思っているより気にしていなかった』のです。

むしろ周りの方からは、私のとった「スキンヘッド」という行動に対して、賞賛の声すら聞こえてくる始末でした!

つまり、周りの目ばかりを気にしすぎてしまい、自分自身でコンプレックスに対する「羞恥心」や「恐怖心」を勝手に大きくしてしまっていたのです。

こういう結果になるんだったら、もっと早くにさらけ出しておけば良かったと思うほどでした・・・。

まとめ

悩み続け、隠し続けていたコンプレックスは、周りの人はあまり気にしていません。ある意味、自分自身で勝手に大きくしてしまった幻想にすぎません!

その中で、もしかしたら、そのコンプレックスに対して揚げ足をとってくるような「頭の弱い人間」がいるかもしれません・・・が、そんな「頭の弱い人間」はごくわずかな人間です!無視しましょう!

コンプレックスは隠し続けずに、思いきってさらけ出してみることを、ぜひお勧めします!そして、隠し続けていたストレスからも解放されて、自由で素敵な日々を取り戻してください!

あなたにしかない魅力を存分に発揮して、楽しく充実した毎日を過ごしていきましょう!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a. ラルフ君

40歳代に突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機を感じる。
今からでも遅くはない!何かを学び、何かを始めようと考えた末、ブログの開設にいたったおじさん。
趣味ブログです。
いつか、ふくろうを飼いたい