【常に意識したい】自分がされて嫌なことは、他人にしてはいけない!【逆の立場になって考える】

お世話様です。
ラルフ君です。

私は常に意識していることがあります。

『自分がされたり、言われたりして嫌なことは、他人にしてはいけない』

ごく当たり前のことではありますが、
ちょっとした一言や行動が、相手には凄く傷つくことがあったりします。

というのも、私は「薄毛」で悩んでおりました。
その時に散々バカにされ、笑われ、とても深い傷を追いました。

その経験の中で、本当に思ったのです。
せめて自分だけは『常に逆の立場になって、発言も行動もしよう!』と。

そうなっていった心理状況も含めてお伝えしていきます。

嫌な記憶は忘れない

言われたり、されたりして嫌なことや嫌な思い出は、
された側は、間違いなく記憶に残って覚えています。

私の場合は「薄毛」で悩んでいた時のことでした。
最初は数人でした。
からかい半分で人の頭をバカにしたのでしょうが、それに便乗して、
どんどん周りの人達も、つられるようにバカにし始め散々笑われました。

当時言ったり、笑ったりしていた人は、このことはもう覚えていないかもしれません。
ですが私は一生忘れることは出来ません

嫌な記憶って、忘れられないんですよね。


心の傷は癒えない

心に負った深い傷って中々、記憶から消えてくれないんですよね。

私は薄毛のことを笑いのネタにせれて以来、どこに行っても、
『またネタにされて笑われるんじゃないか』と不安と恐怖心で、だんだん外に出たくなくなっていきました。

その結果、どんどん引きこもりがちになり、
人との交流はなるべく避けていくようになりました。

『外に出れば、また笑われる!』
『どうせ笑われるなら、外に出たくない!人と関わりたくない!』

その思いが悪循環になり、人間不信になっていきました。
そして、こんな頭になった自分を攻めるようになっていきました。

『この世に生まれて来なければ、こんな思いもしなかったのに・・・』

いつしかそんな状態にまでなっていき、正直『死』を考えたことまでありました。

そこまで追い詰められていた時の心の傷は、そう簡単には戻りませんでした。

まとめ

人間、ほんの些細な一言でも相手にとったら本当に深刻になる時があります。

まして、その些細な一言に、他の人まで便乗されたりした時の心の傷は計り知れません!!

そして、改めておもい知ったのです。

自分がされたり、言われたりして嫌だったことは他人にはしてはいけない』

当たり前のことなのかもしれませんが、より強く考えるようになりました。

それからは、どんな時も意識するようになりました。
仕事の時も、プライベートの時も、車を運転している時も、、、

『常に逆の立場になって(相手の立場になって)発言も行動もしよう!』

そう強く感じるようになりました。

おわりに

あの時の辛い経験があったからこそ、
「相手への思いやり」
「命の尊さ」

そのことを更に学ばさせていただきました。
今後もこの事を、常に意識して生活していきたいと思っております!

みんなが、この思いを持っていれば、
争いごとなど無くなるんじゃないかな〜・・・
なんて漠然と思ったりしてしまいました!

そんな世の中になっていく事を祈りつつ、また頑張っていこうと思います!


この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a. ラルフ君

40歳代に突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機を感じる。
今からでも遅くはない!何かを学び、何かを始めようと考えた末、ブログの開設にいたったおじさん。
趣味ブログです。
いつか、ふくろうを飼いたい