お気に入りのメガネをずっと使いたい!長持ちさせるための3つの方法

GMOとくとくBB WiMAX2+

お世話様です、ラルフ君です。

みなさんは、お気に入りのメガネはありますか?

普段からメガネを掛けている方なら、お気に入りのメガネがあるかと思います。

また、これから購入する方もお気に入りのメガネが出てくるかと思います。

そんなお気に入りのメガネを長持ちさせる方法があります!

とても簡単なことなので、ぜひこの3つの方法を守ってみてください!

これだけでずっと長持ちするはずです!

せっかく高いお金を払って買ったメガネがすぐに壊れたりしたら、かなりショックですからね・・・。

普段から使っている方にはおさらいとして、そして初めて購入する方はぜひ覚えておいてください。

掛け外しのときの注意点

掛け外しのときは必ず両手で!

メガネを掛けたり外したりするとき、片手でやってませんか?

何か作業をしてるときだとか、片手がふさがっているとき、などなど・・・

でも、これは絶対にやめましょう!

必ず両手で、メガネの耳に掛かる部分(テンプル)や、折りたたむときのつなぎ目(ヨロイ、蝶番)あたりを持って、優しく掛け外しをしてください!

ついつい片手でやってしまいがちですが、意識して両手でやってみてください。

意識してやっていれば必ず慣れてきます。

これだけでメガネのゆがみなどが起こりにくくなりますよ!

使ったあとの注意点

使ったあとは必ず水で流す!

その日使ったメガネは、必ず水を全体にかけて洗い流してください。

1日使ったメガネには、細かいホコリなどが付いています。

そのまま拭いて汚れをとったりすると傷の原因などになるので、必ず水で全体を洗い流してください。

そして、ホコリなどとは別に付いているものがあります。

それは汗などによる皮脂汚れです。

特に皮膚に直接触れている部分。耳に掛かる部分(テンプル)や、ノーズパッドの部分などは皮脂が付きやすいです。

そこもよく水で洗い流しましょう。

特に皮脂など油汚れがきになる場合は、洗面器などにをためて食器用洗剤などの中性洗剤を数滴入れ、よく泡だててから指の腹を使って優しく洗ってください。(ゴシゴシこすらず優しくね!また、このときもでね!)

注意
お湯は絶対に使わないでください!コーティングなどが剥がれる原因になります!

洗ったあとの注意点

水分を取ってから仕上げを!

全体を洗い流したあとは、まず先に水分を取り除きましょう。

なるべく柔らかめのティッシュペーパーなどで水分を吸い取りましょう。

このときも決してこすらず、水気だけを吸い取るイメージでやってみてください。

その際、折りたたむところ(蝶番)のネジの部分やノーズパッドの部分なども、よく水分を取ってあげてください。 

そして仕上げです!

購入時などに付いている、専用のメガネクロスで仕上げていきます。

このとき、逆の手で拭く方のレンズの外側を持って拭いてください

反対側のレンズを拭くときは持ち替えて、拭く方のレンズの外側を持って片方ずつやってください!

拭く方の外側を持つことによって、メガネに余計な負荷がかかりにくくなります。

仕上げの際もゴシゴシこすらず優しく仕上げていってください。

注意
メガネクロス自体も綺麗にしておきましょう!

もしメガネクロスが汚れていたら、中性洗剤を溶かし優しくもみ洗いしてください。

洗ったあとは洗剤が残らないようによく水ですすいでください。

その後、よく乾かしてから使いましょう。

まとめ

簡単にまとめてみますね。

  • 掛け外しは両手で
  • 使ったあとは水洗い
  • 水分を取ってから、拭く方の外側を持って仕上げ

たったこの3つの方法でメガネがずっと長持ちしますし、清潔感もアップしますよ!

メガネは顔に直接触れるものでもありますし、とても精密な器具でもあります。

いつも綺麗にして、優しく扱ってくださいね。

長く使って、あなたの良きパートナーになりますように!

では、素敵なメガネライフを!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a.ラルフ君

40代へ突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機感を覚える。
『今からでも遅くはない!なにかを学び、なにかを始めよう!』と考えた末、ブログを開設したおっさん。
いつか「ふくろう」を飼ってみたい。