メガネを買うなら日本製!おすすめしたい国産メガネブランド5選

お世話様です。ラルフ君です。

私は10代の後半頃から視力が悪くなり始め、今はメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具がないと生活ができません。
コンタクトレンズを使っていた時期もあったのですが、これがどうも私には合わなかったというか、どうしても目に違和感があったので使用を断念しました。
それからはずっとメガネ生活をしております。

そんなメガネ歴、20年以上の私が是非おすすめしたい国産のメガネブランドがあります。
『なぜ国産?』と思うかもしれません。

なぜ国産メガネをおすすめするかというと、
日本人の顔の骨格に合わせて設計されているため。
メガネ職人さんが丁寧に仕上げた、安心安全の日本製。

これがおすすめする大きな理由です。

では早速紹介していきていと思います。

白山眼鏡店

東京の上野に本店がある白山眼鏡店。

比較的シンプルなデザインが多めの印象。
ですが形やサイズ、カラーバリエーションが豊富です。
シンプルなデザインであるからこそ、いろいろなファッションスタイルに合わせやすいメガネが見つかると思います。
ファッションと共に個性を出したいメガネを探している方にもおすすめかと。

また、白山眼鏡店は検眼もフィッティングもとても丁寧で時間をかけてやってくれます。
その辺もおすすめポイント。

増永眼鏡

福井県鯖江市に本社がある増永眼鏡。

クラシックなデザインから最新のモダンなデザインまで、年齢や男性女性を問わずに幅広い層に向けたデザインが多めの印象。
プライベートなファッションスタイルにも、ビジネススタイルにも合うメガネが見つかると思います。

増永眼鏡(直営店)も、検眼もフィッティングもとても丁寧に時間をかけてやってくれます。

金子眼鏡

福井県鯖江市に本社がある金子眼鏡。

手作り職人の名前が入ったシリーズから、POPな感じのシリーズまで、
デザインやスタイルごとに細かく細分化されていて、男性女性問わず豊富なデザインが多い印象。
どちらかというと若者向けなデザインが多めな気もするが、職人シリーズなど、こだわりのメガネが見つかるかも。

金子眼鏡も、検眼もフィッティングもとても丁寧に時間をかけてやってくれます。

BJ Classic Collection

福井県鯖江市に本社がある BJ Classic Collection (BROS JAPAN)

ブランド名の通りクラシック感の強いメガネが多く、その中でも『サーモント』と呼ばれるメガネが印象的。
しかしクラシック感は残しつつも、現代的にアレンジした形や色使い、サイズ感もいろいろあるので男性はもちろん、女性にも手に取りやすいデザインが多いと思います。

カメマンネン

福井県鯖江市に本社があるカメマンネン。

ブランド名からしてインパクトがありますね!
シンプルでクラシックなデザインが多めですが、絶妙なサイズ感とシンプルなカラーリング、流れるような独特のフォルムが印象的。
ちょっと大人な落ち着いた雰囲気のメガネを求めている方におすすめかも。

まとめ

さて、5つのブランドを紹介してきましたが、この他にも素敵な国産メガネブランドはまだまだあります。
あくまで私が購入してきた中で個人的におすすめしたいブランドを選んでみました。

紹介したメガネブランドを含め、日本製のメガネは1点1点を職人さんがたくさんの工程を手作業で時間をかけて作ってくださっています。

だからこそ、丈夫で繊細、安心安全な日本製の国産ブランドをおすすめしたいのです。

新しいメガネをお探しの方は、是非ショップに足を運んでみてください。
きっと素敵な出合いがありますよ!

では素敵なメガネライフを!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

とくとくBB WiMAX2+

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a. ラルフ君

40歳代に突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機を感じる。
今からでも遅くはない!何かを学び、何かを始めようと考えた末、ブログの開設にいたったおじさん。
趣味ブログです。
いつか、ふくろうを飼いたい