【終身雇用の崩壊】もはや安定はない?働き方を見直す時期がきたのかも!

お世話様です、ラルフ君です。

先日、こんなニュースがありました。

日本自動車工業会の豊田章男会長は13日の記者会見で、現状では終身雇用を続けていくことは難しいという認識を示した。

NHKニュース

トヨタの社長からの発言ということで注目も集まりました。

この「終身雇用」については、賛否あると思っています。

ですが、これだけの大企業のトップの発言ですから、今後何かしら影響が出てくるものと感じています。

終身雇用が崩壊する!?

一生働き続けられる会社はなくなる!?

そう考えてもおかしくないかもしれないです!

いよいよ働き方を見直す時期がきたのかもしれません・・・。

今回は、この「終身雇用」「今後の働き方」について私なりに考えてみました。

終身雇用の崩壊が始まってきました

先ほども取り上げましたが、トヨタの社長から「終身雇用を続けていくのは難しい」との発言がありました。

この発言は、終身雇用が崩壊していく始まりの合図になるかもしれません。

会社員の安定、安泰はなくなる

大企業の社員 = 一生安泰

この構図は、もはやなくなるかもしれませんね。

大企業だけではなく、中小企業も含めて、会社員に「安定」「安泰」という言葉はなくなるのかもしれません。

確かに、どの業界のトップ企業からも「業績が伸びた」というような良いニュースは耳にしていませんからね・・・

すぐに会社が潰れるようなことはないにしても、社員がフルイにかけられるようなことは増えていくような気がします。

大中小と企業の大きさ問わず、民間企業の社員は「安定」や「安泰」という言葉は捨てたほうがいいのかもしれません。

そして、人口の減少や高齢化、市町村合併などが進んでいくと、公務員にも「安定」「安泰」はなくなるのかも・・・

40代・50代の年代が1番厳しくなる

終身雇用の崩壊により、40代・50代の方は特に厳しさが増すのではないでしょうか。

40代・50代の方は、

  • 定年になるまでにはまだ期間がある
  • リストラなどの対象になりやすい
  • 転職するにも年齢的に難しい

今まで企業戦士としてバリバリ働いてきたこの年代の方が1番辛く、厳しい立場になってしまうかもしれません。

私も40代ですので人ごとではないのですが・・・

これまで、さんざん会社に忠誠を尽くして働いてきた年代が1番辛くなる。本当に切ないです・・・

会社員も働き方を見直す時期がきたのかも

今すぐに終身雇用が崩壊し、なくなるわけではないと思いますが、ここ数年でどんどん進んでくる可能性はあると思います。

そのことを考えると、今後の働き方など見直してみる必要があると感じています。

会社だけに依存しない働き方を考える

会社の大きさは関係なしに、民間企業の会社員は「会社だけの給料に依存しない働き方」を考えていく時期にきたのだと思います。

「会社だけに依存しない働き方」これは、私自身考えておりました。

私が務めている会社は、従業員数名の小企業です。

その中で、どう考えても『このまま、この会社で働き続けていくことが想像できない』という状況になっていました。

しかし、転職するにも40歳という年齢を考えてしまい、なかなか1歩が踏み出せません・・・。

そこで出会ったのが「副業」でした!

まだ始めて間もないのですが、会社だけの給料に依存しない働き方を見つけたのです!

正直、私の中での副業は、本業以外に「肉体労働などのアルバイト」をするしかないと思っておりました・・・お恥ずかしい限りです・・・

しかし、今はいろいろなビジネスが存在していて、ネットビジネスをはじめ新しい働き方はたくさんあります。

少し調べればゴロゴロ出てくると思いますので、まずは「会社だけに依存しない働き方」を見つけてみるのもいいかもしれません!

特に40代・50代は、考え方を改める必要がある

私自身40代になったので、自分への喝の意味も込めて厳しく表現していきます。

40代・50代の方は、企業戦士として働いてきた方が多いと思います。

数々の実績や業績を残してきたことは、間違いなく素晴らしく誇れるものであります。

そして、会社のために頑張ってきた40代・50代の方は、管理職などの役職についている方が多いと思います。

しかし、いくら会社で役職などの肩書きがあっても、会社の外に出れば「ただの人間」です。

つまりは、会社の終身雇用などの盾がなくなれば、ただの『おっさん』になり得るのです。

もはや年齢だけに身を任せていく時代は、終わりを告げようとしています。

ですが、今は副業も含めて、個人でお金を稼いでいけるビジネスは多種多様にあります。

会社だけの働き方にとらわれず、頭を柔軟にして最新のビジネスにも目を向けていく必要があると、副業を始めて改めて感じました。

個人で稼いでいく知識を身につけよう

現代はネットビジネスをはじめ、個人で稼いでいける方法はたくさんあります。

特に、われわれ40代・50代の方は、ネットビジネスと聞いただけで苦手意識を持ってしまう方が多いと思います。(現に私もそうでした…)

ネットビジネスといっても、わたくしども40代・50代が考えているような大掛かりな起業プロジェクトではなく、低コストで気軽に始められるビジネスが多数存在します。

これは私自身、ネットビジネスを副業としなければ全く分からない世界でした。

実際、まだまだ分からないことだらけですが「まずは勉強をして知識を身につける」これが本当に大事だなと感じています。

行動しながら知識を身につけるのが1番いいのでしょうけど・・・

知識を持つことは財産になる

極端なことを言うと、もし会社だけの働き方しか知らなかったら、会社以外では何も通用しない人間になってしまいます。

これは年齢関係なく、常に最新の情報を取り入れて勉強し、知識を身につけていく。

その知識によって、いろいろな考え方や働き方が見えてくるのではないかなと感じました。

特に40代・50代の方は、変なプライドなんかは捨てて、今の若い世代の方からも情報を吸収して知識を高めていってほしいです。

その知識の中で、新たな働き方を発見できるかもしれません。

知識は税金のかからない財産です!邪魔になることは一切ありません!どんどん知識を吸収して自分を高めていきましょう!!

まとめ

40代・50代の方には厳しめの内容になってしまいましたが、わりと事実だと思っています。

ですが、その分働き方も多様化してきているのも事実です。

副業から始めてみてもいいでしょうし、思いきって起業してみるのもいいかもしれません。

または、会社に属さず「フリーランス」として生きていくのもいいかもしれません。

今は働き方も、考え方も多種多様にある時代です。

いろいろ模索しながら、「安定」「安泰」という考えを捨てていったほうがいいと感じました。

そして、ただ待っているだけでは状況は変わりません。

会社だけに依存しない働き方を考えつつ、知識を身につけ、それを行動に移していく。

自分の手で未来を切り開いていくしかありません!

常にアンテナを張って情報を仕入れつつ、この厳しい時代を乗り越えていきましょう!!

私も40代。この時代を、必死に生き抜いていこうと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a.ラルフ君

40代へ突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機感を覚える。
『今からでも遅くはない!なにかを学び、なにかを始めよう!』と考えた末、ブログを開設したおっさん。
いつか「ふくろう」を飼ってみたい。