スキンヘッドに挑戦したいけど勇気がない…まずは坊主にしてみよう!

お世話様です、ラルフ君です。

私はスキンヘッド歴10年以上になるベテランです!笑

私がスキンヘッドにした理由は単純で、薄毛(若ハゲ)だったから。

そんな私と同じように、薄毛の悩みがあり思いきってスキンヘッドに挑戦してみたい方。また、イメチェンや興味本位でスキンヘッドに挑戦してみたい方。

などなど、『スキンヘッドに挑戦してみたいなぁ』と思っている方はいらっしゃると思います。

でも、『いきなりのスキンヘッドはちょっと・・・怖いかも・・・』と、感じてしまっている方も多いはず。

そんな方は、まずバリカンで「坊主」にしてみましょう!

坊主にすることによって、スキンヘッドに挑戦するための道がひらけてきます!

その理由について説明していきたいと思います。

スキンヘッドにする勇気がなかったら、まずは坊主にしてみよう

なぜ、坊主にするとスキンヘッドに挑戦しやすくなるのか・・・

大きく2つ理由があります。

  • 自分の頭の形がわかることでイメージしやすくなる
  • バリカンで徐々に短くしていける

では、詳しく解説していきますね。

自分の頭の形がわかることでイメージしやすくなる

坊主にすることによって、自分の頭の形がよくわかるようになります。

『ベリーショートでも頭の形がわかるでしょ!』と思いきや、実際坊主にしてみると全く感覚が違います。

スキンヘッドに挑戦したいのであれば、ここは坊主一択

自分の頭の丸みや形を認識することで、剃り上げたときのイメージがしやすくなります。

まずはバリカンで坊主にして、スキンヘッドのイメージをふくらませましょう!

イメージができれば、スキンヘッドというゴールまであとわずかです。

バリカンで徐々に短くしていける

最初は、バリカンのアタッチメントを、長めの設定で髪の毛を刈っていくと思います。

最初はそれでOKです。

その後、徐々に短くしていきましょう!

例えばですが、最初を12mmで刈ったとします。

その次に、9mm→6mm→3mmと徐々に短くしていきましょう!

そして、最終的にアタッチメントを装着しないで、バリカンの刃を直接当てて刈っていきましょう!
この時点で、おそらく0.8mm前後にはなっていると思います。

※アタッチメントを装着しない場合、バリカンの刃を直接当てて刈っていくことになるので、初めての方は頭皮を傷つけないように注意してください!

ここまでくれば、もうゴールは見えたも同然!

あまりの短さに驚いてると思われますが、これで完璧にスキンヘッドへのイメージができるようになったと思います。

そこから剃り上げれば、もうスキンヘッドの完成です!

おめでとうございます!!

  • 坊主やスキンヘッドにするための道具はこちら

終わりに

スキンヘッドにするための第1歩は、坊主にすることが1番の近道になると思います。

スキンヘッドに挑戦してみたいけど、勇気がなく悩んでいる方は『坊主』から挑戦してみてください!

ちなみに、スキンヘッドは簡単で楽と思われがちですが、毎日お手入れしないとすぐに伸びてきてしまいます。

ですが、慣れてくればものの数分でお手入れすることが可能になり、いろいろな面でコスパがいいです!ぜひ挑戦してみてください!

スキンヘッドは、これ以上隠しようがない、人間のありのままの姿を表現してくれます。

それは、とても堂々としていて男らしいです!自信をもっていきましょう!!

注意事項
バリカンを使う工程も、剃り上げるためのカミソリを使う工程も、慣れるまではケガをしやすいです。
ケガをしないよう十分に注意してお手入れしてください。

では、素敵なスキンヘッドライフを!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a.ラルフ君

40代へ突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機感を覚える。
『今からでも遅くはない!なにかを学び、なにかを始めよう!』と考えた末、ブログを開設したおっさん。
いつか「ふくろう」を飼ってみたい。