【40歳・会社員】もっと適当に生きていこうと決意した!

お世話様です、ラルフ君です。

40歳になってから、働き方や今後の人生について改めて考えてみました。

そして、こんな結論が出ました!

『もっと適当に生きていこう!』と・・・

※ほぼ自分本位な記事になってしまうこと、ご了承ください。

40歳になり今までの自分を振り返ってみた

今年で40歳になり、全てのことに関して振り返ってみることにしました。

するとどうでしょう・・・私には何も残ってないことに気づいたのです・・・

仕事・仕事の日々を送っていた

これまで3回の転職をして今日にいたるのですが、もともと負けず嫌いの性格もあり『とにかく一生懸命働いて評価を得たい!』という気持ちでどの会社も勤めてきました。

休日も返上し、プライベートの時間や寝る間も惜しまず、常に仕事を中心にして過ごし『一生懸命働いていれば会社からも評価され、給料も上がって素敵な人生になる』なんて妄想を抱きつつ、とにかく懸命に働きました。

そして40歳、フタをあけてみればどうでしょう。

残業代も休日出勤代も貰えない、そして昇給は微々たるもの。

もう『なんじゃこりゃぁぁーーーーー!!!!』ですよ・・・

『俺は社畜か?社畜なのか?』そう自分に問うてみました!

はい、そうです。社畜となったのです!

残ったものは疲労感と切なさ

安給料で、しかも残業と休日出勤はタダ働き。

ローンなどの支払いで給料は消えていき、貯金は少ししかできず、お金も貯まらない。

19歳から働き始めて21年、転職しつつ懸命に働き続けた結果、残ったものが「疲労感」「切なさ」という、なんとも情けないものになってしまいました。

はっきり言って、働いてきて特と感じたものは何一つ得られていません。

「充実感」も「達成感」も、なにも得られていません。

唯一得られたものが、この「疲労感」と「切なさ」でした。

おまけで涙も得ることができました( ;∀;)

40歳から適当に生きていくことを決意

40歳になってやっと気づきました!無駄な努力はするべきではない!もっと適当に生きていってもいいんじゃないかと!

働き方も含めて『もっと早く気づけよ!』って話なんですが…我ながら情けないです…

いくら悔やんでも過ぎた時間は戻ってこないので、これからの人生を楽しく満喫するために、かたっ苦しいプライドも捨てて『もっと適当に生きていこう』と決意した次第であります!

あんまり考えすぎず、適当ライフを満喫してみよー!!

こんな感じです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a.ラルフ君

40代へ突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機感を覚える。
『今からでも遅くはない!なにかを学び、なにかを始めよう!』と考えた末、ブログを開設したおっさん。
いつか「ふくろう」を飼ってみたい。