「疲れが顔に出てきた」それ休養をとる合図!少し休みましょう!

お世話様です、ラルフ君です。

今年に入ってから働き方も見直して、以前よりは規則正しい生活になってきたのですが、昨年(2018年)までは『なんか疲れてない?疲れが顔にも出てるよ!』と言われてきました。

確かに疲れがあったのは事実ですが、今までと同じ働き方をしていましたし、あまり気にはしていませんでした。

そんな時、ちょっと体調を崩して病院に行った時に、先生からも『なんか疲れてない?』と言われてしまいました。

そして先生と話す中で、ある結論が出ました。『ちょっと休んだ方がいいよ!』です。

その結論にいたった経緯をお伝えしてまいります。

会う人みんなに「顔が疲れてる」と言われ始めた

今まで残業はもちろんのこと、休日も返上して働いていた私は会社と仕事に、ある意味「洗脳」されていたのかもしれません。

プライベートの時間や寝る時間を惜しんでも、とにかく働く!働くことが生活の一部になっておりました。

そして2018年の9月頃からでしょうか・・・

家族はもちろんのこと、親戚、友人、顔を合わせたほぼ全ての人に『なんか顔が疲れてるね…』と言われ始めたのです!!

平常心を保ちつつ『そんなこたぁーないよ!』と言って返していたのですが、あまりにもみんなが同じことを言ってくるので『なんか今までと違うのかな?』と自分でも意識をし始めたのです。

疲労は徐々に蓄積していた

今まで当たり前と思っていた働き方でも、疲労は徐々に蓄積していきます。

私は『とにかくこの仕事を終わらせないといけない!』と自分を追い込み、睡眠時間も削り休日を返上して、何が何でも業務をこなしていました。

この働き方が当たり前になっていた私は、疲れは感じていたものの特に気にはしていませんでした。

しかし、この働き方が「疲労」を蓄積していく原因となったのです!

日々「プレッシャーと責任感」で追いつめられるような労働環境の中で働いていたため、常に気を張って仕事をしていた私は、もはや疲れを通り越してしまい「疲れ」という自覚症状がない状態になってしまっていたのです。

この疲れが体調不良も含め、顔にも現れる原因になっていくのです。

病院の先生からも通告をうける

常に気を張って仕事をしていたためか、体調を崩すことは滅多にありませんでした。

そのため、ここ数年病院のお世話にもなっていなかったのですが、珍しく体調を崩してしまいました。

結果ただの風邪だったのですが、先生から『症状は風邪だけど、でもそれ以上になんか疲れてるね…顔に疲れが出てるよ』と言われたのです。

そして先生から普段の生活状況や睡眠時間、働いている時間などの問診をされ、こう言われたのです『ちょっと働き過ぎだね…もう少し体をいたわってあげたほうがいいよ!』と、、、

さらには『もし可能なら少し休んだほうがいいよ。違う病気になる可能性があるよ!』とまで言われたのです!!

このままの働き方で生活していると「うつ病」などの原因になっていく可能性があると判断されたのです!

この発言には正直びっくりしました!なんせ自覚症状もなかったですから・・・しかし先生のこの言葉のおかげで、これからの働き方を見直すきっかけになっていきました。

まとめ:顔に疲れが出ていたら休養の合図

このように会社のために一生懸命働いて、その働き方が当たり前になってしまい、本人には自覚症状がないまま病にかかってしまう可能性があるのです!

「本人は気付いていない」ここが本当に怖いところです!!

会社のために尽くして働き、体を壊すなんてことは絶対にあってはなりません!!!

もし周りの方から『なんか疲れてない?』とか『顔に疲れが出てるよ!』などと言われた時は「疲れが蓄積している」という合図です!深刻な病になってしまう可能性もあります、意識して休養を取りましょう!

仕事でも遊びでも何をするにも体が資本!体は大事な資産です!自分で疲れを感じた時はもちろん、周りの方にも疲れを指摘されたら、とりあえず少し休みましょ!!

そんな感じで、体をいたわりつつ健康第一でいきましょうねっ!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a. ラルフ君

40歳代に突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機を感じる。
今からでも遅くはない!何かを学び、何かを始めようと考えた末、ブログの開設にいたったおじさん。
趣味ブログです。
いつか、ふくろうを飼いたい