【告白!】20代から薄毛で悩んでいた私がした、悩み解決方法!〜第1章〜

イクオスサプリEX

お世話様です。
ラルフ君です。

実は今の私は、いわゆる『スキンヘッド』です。
はい毎日、剃りあげています。

というのも、20代の頃より薄毛で悩んでいました。
そんな私が『スキンヘッド』にして、薄毛の悩みを解決するまでにいたった道のりを、とても辛かった過去の出来事と共に紹介していきたいと思います。

同じように若くして、薄毛などで悩んでいる方もいると思います。
今回、そんな方に少しでも前向きになっていただければと、
思いきって告白し、記事にした次第でございます。

悩みと苦しみ

20代で始まった薄毛の悩み

ことの始まりは25歳くらいだったか、
もともと毛髪量が多くはなかったのですが、太陽の光や、電気の光に当たると
前頭部の方の頭皮が透けて見えはじめてきました。

まだ20代だった私は、やはり周りの目も気になるお年頃。
それからは外出する際は必ず帽子をかぶる生活になっていきました。

とはいうものの、仕事の時は帽子をかぶりながらできる仕事ではなかったため、なんとか薄毛がバレないように朝から時間をかけてセット。
光に照らされる場所は極力避けて、常に頭の事を意識しながら。
なので当然、仕事にも集中できなくなっていきました。

悩みは頂点へ

そして、ついに現れたのです!
私の頭をいじって、バカにする輩が!

当然、私が薄毛を気にしている事を知りながら、こう言ってきたのです。

頭スカスカじゃね?てゆーかハゲてるじゃん!www』

それは事実なのですが、その事で笑いを取ろうとした同僚に、私は怒りが込み上げてきました。
しかし、そこに追い討ちをかけるように、周りの人間も言いはじめました。

前から気になってたんだけど、やっぱりキテルよね!www』
『若いのに可哀想!www』

そして、こぞって大失笑され赤面。
恥ずかしさのあまり反論も何も返す言葉すら、みつからなくなってしまいました。

翌日からは、『会社にいる時だけの我慢だ!』
そう自分に言い聞かせ、会社に行っていました。
しかし何かにつけ頭をネタにされ、日に日にバカにする言動も失笑も激しくなる始末。

もう心も体もボロボロ。
人間不信にもなり、どんどん引きこもりがちになって行きました。

会社を辞めたかったが、親に心配をかけたくなかった私は、
『次の職がみつかるまでは我慢しよう!』と決意し、次なる一手へ。

AGA治療

悩んだ末、お医者さんに行く

心身共に悩んでいた私は、ネットでAGA治療というものを目にしました。

自分でも育毛発毛剤的なものを使用していたのですが、効果は見られず、
『もうこれしかない!』と、藁にもすがる思いでお医者さんに。

当時(15年も前)私が行ったお医者さんでは、AGA治療は保険対象外で、全額実費負担だと告げられました。
そして処方される薬が強い成分のため、月に1、2回は採血検査をするとの事でした。

毎月約2万円ほどかかってしまいますが、なんとか改善したいという気持ちしかなかったので、しばらく治療してみる事を決意。

薬は一生飲み続けなければいけなかった

まだ効果を感じていなかった私は、薬を服用してから3ヶ月を過ぎたあたりに
再度、先生に相談。

先生は『人によって効果の現れ方が違う。最低でも半年から1年はこのまま薬を服用しながら様子を見てください。』

『あと効果が出てきても薬の服用を辞めたら、また薄毛の進行が始まります。』と。

つまり、薬を一生飲み続けなければいけないという事だったのです!!

一気に心が折れました。
保険が効かず治療費は全額負担。
しかも、それで薬を一生飲み続けなければいけない。

当時、心身共にダメージがあった私には、このまま続けていく自身も覚悟もなくなり、AGA治療は断念しました。

そしてまた振り出しに戻ってしまったのです。


もう少し長くなるので、続きは『〜第2章〜』で!



イクオスブラックシャンプー イクオスブラックトリートメント

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a. ラルフ君

40歳代に突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機を感じる。
今からでも遅くはない!何かを学び、何かを始めようと考えた末、ブログの開設にいたったおじさん。
趣味ブログです。
いつか、ふくろうを飼いたい