夏の雑草対策には先手が大事!3月中に除草剤をまいておこう!

お世話様です。
ラルフ君です。

徐々にですが陽気も春めいて来ました。
これから増える厄介な雑草もチラホラ出始めてきませんか?

『まだそんなに生えてないし、大丈夫でしょ!』

確かに見た感じには、そう思いますよね。
でもこの時期の対策次第で後々、自分が楽になるのです!
では解説していきます。

除草剤について

除草剤は2種類ある

まず最初に、除草剤は大きく分けると2種類あることはご存知ですか?

・液体の除草剤
・顆粒の除草剤

この2種類に分かれます。
同じ除草剤でも使い分けによって、効果の差が大きく異なります。

・液体の除草剤は速効性はあるが持続性がない

・顆粒の除草剤は速効性はないが持続性がある

この特徴を生かして、上手く使い分けましょう!

3月中にまく理由

一気に育つ前の抑制

3月中でなければ効果がないと言うわけではありません。

ただ雑草は暖かくなってくると、一気に成長します。
あまり大きく成長してしまうと、効果にも差が出てきます。
一気に成長する前のこの時期に対策しておくのがポイント!

除草剤は顆粒を使う

まく除草剤は顆粒を使います。
まだ草が小さく、そんなに出ていないこのタイミングで顆粒の除草剤をまきましょう!
その際、まだ草が生えていない所にも、まんべんなくふりかけましょう。

先ほども言ったように、顆粒の除草剤は持続性があります。
このタイミングでまいておけば、生えている草にはもちろん、これから一気に出てくる草に対して生えにくくする予防ができます。

また顆粒の除草剤は、顆粒が溶けて地面に染み込み徐々に効果が現れます。
(だから速効性がないのですね)
雨上がりなどの地面に水分が豊富な時や、雨が降る前などにまくのが効果的です。

注意

雨が降る前にまく時は、大雨などで顆粒自体が流れてしまい、効果があまり出ない時もあります。
天気予報などをチェックしながら判断してくだい。

逆に雨が降りそうもない時は、まいた後に軽く水をかけておくと効果的です。

まとめ

春本番になる前のこの3月中を目安に、一度顆粒の除草剤をまいておきましょう。

そうすることで、夏の雑草退治がずっと楽になると思います!

とは言うものの、冬までは除草剤の効果は続かないと思うので、もう1回はどこかでまくようになるとは思いますが、年2回程度で雑草の心配が少なくなれば、楽なもんかと。

また液体の除草剤速効性があるので、すでに生えている草で、すぐに枯らしたい場所などには効果的です。

注意

液体の除草剤は、草の葉っぱから吸収していきます。
暑い日の炎天下などだと、吸収する前に蒸発してしまう可能性があるので、
朝早い時間帯などが良いでしょう。
また雨でも流れ落ちてしまうので天気にも注意しましょう。

上手く使い分けて、この夏の雑草退治を乗り越えてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

GMOとくとくBB WiMAX2+

この記事を書いた人

いぐのぶ a.k.a. ラルフ君

40歳代に突入するにあたり、日々マンネリ化したこの状況に危機を感じる。
今からでも遅くはない!何かを学び、何かを始めようと考えた末、ブログの開設にいたったおじさん。
趣味ブログです。
いつか、ふくろうを飼いたい